毛ケア

正しいケアで薄毛対策


薄毛と女性モルモンの関わり

女性にも薄毛があると聞いていましたが、まさか自分が悩まされるなんて思いもしませんでした。
若い頃は太く硬い髪に悩まされ、細く柔らかい髪に憧れたけれど・・

数年前に分け目を家族に指摘されました。
まさか自分がと思っていたので、そのショックは暫く立ち直れないほど。

確かに抜けた髪の毛は自分のものとは思えないほど細く、分け目は地肌がよく見えます。
そのせいでボリュームがなく、老けて見えます。
どうしたらいいのかと、ネットで調べまくりました。

女性の薄毛の原因は、男性のものとは全く異なるので同じ育毛剤などを使っても意味はないとの事です。
女性モルモンが関わっているというのです。
このホルモンの分泌が少なくなってしまうと、髪の成長期が短く休止期が長くなってしまうのだそうです。
その為、髪そのものが痩せたり、1つの毛穴から生える髪の本数が減ったりして薄毛になってしまうのです。

ではどうすれば良いか?
育毛に効果がありそうな高いシャンプーを使ってみました。
2年程使ったでしょうか・・正直、効果がわかりません。
もっと長く使った方がいいのかもしれませんが、値段が高くて続けられなくなってしまいました。

それでもう1度見直しです。
シャンプーは普通にドラッグストアで手に入る手頃なものに変え、頭皮マッサージに力を入れました。
そして規則正しい生活を心がけて。

まだハッキリとは効果はわかりませんが、もう暫くこの方法を続けてみようと思っています。

011

ボリューム感

以前と比べ、最近髪の毛が薄くなってきたように思います。特に頭のてっぺんのあたりの薄毛が気になります。あまり自分の頭を上から見ることはありませんが、正面から鏡を見ただけでも頭の部分の毛にボリューム感がなくペッタンコといった感じです。ドライヤーを使って、ふんわりさせても少したつとペッタンコに戻ってしまいます。

たまに年配の女性の方でも頭のてっぺんの部分が薄毛のかたを見かけますが、将来ああいった感じになってしまうのではと薄毛に悩んでいます。ウィッグを使ったりすれば頭の上の部分のボリューム感を出すこともできますが、できれば自分の髪の毛だけのほうがいいです。お手入れも簡単ですし、他の人からウィッグを使っているのを気づかれてしまうのではと心配することもありません。

今から何か対処していれば、薄毛にならないようにできるのでしょうか。ある程度年齢を重ねていくと仕方がない部分もありますが、育毛剤の使用などで少しでも薄毛を解消できるようなら今すぐにでも始めたいと思っています。

今のところ植毛までは考えていないのですが、本当に薄毛がひどくなったら最終手段として植毛も考えなくてはいけないかもしれません。まずは、その前に自分でできることがないか調べてみようと思います。

002

薄毛対策

001

薄毛になることは本意ではないにしても、もしも私が薄毛になったとしたら、思い切って髪をショートにしてパーマをかけて髪のボリュームを作り出すと思います。周りを見渡すとかなりの割合でこのようなショートヘアにパーマという髪型を作っている女性が多く、年齢特有の薄毛対策をしていることがわかります。

女性はこのように美容院を利用して薄毛が目立ちにくい髪形に変えることができていい面がありますが、男性の場合は元々ショートヘアの人が大半なので、なかなかヘアスタイルで薄毛を隠すということができにくいことが多そうです。会社に勤めていればボリュームが出るパーマはかけずらいですし、そうなると薄毛を隠そうにも隠す手段が無くなってしまいます。

そこで男性が薄毛になってしまって、もうにっちもさっちもいかなくなってしまった場合、坊主にするという方法を考えてみても悪くないと思いました。坊主にするというとお寺のお坊さんをイメージしてしまいそうですが、実際はお坊さんというよりオシャレな男性や素敵な男性がオシャレのひとつとしてあえて坊主頭を選んでいることがあり、坊主頭が似合っている男性はとても強くカッコよく見えて、私は薄毛対策に坊主にするのはアリだと思うのです。

薄毛と生活習慣

薄毛と生活習慣は密接な関係があります。普段の行動が薄毛の原因になっているかもしれません。

デスクワーク中心、運動の習慣がない方は薄毛になりやすいです。
運動をしないと血行が悪くなります。髪を育てるには栄養が必要で、その栄養を運んでいるのは血液です。血行が悪くなると髪に必要な栄養が行き届きにくくなり、髪の成長に悪影響を与えます。細く弱々しい髪になるので抜け毛が増えます。

動物性食品に多く含まれる飽和脂肪酸の過剰摂取は血液をドロドロにします。肉ばかり食べるのも血行が悪くなり、髪の成長を悪くしてに抜け毛を増やします。

飽和脂肪酸の過剰摂取は皮脂分泌を活発にする作用もあります。シャンプーで皮脂をきれいに落としているつもりでも、飽和脂肪酸を過剰に摂取していては汚れがすぐに付着します。皮脂が多く分泌されると、毛穴が詰まって髪が抜けやすくなります。

髪は寝ている間に育ちます。夜寝ている間は成長ホルモンの分泌が活発で、細胞の生成が行われて髪も育ちます。夜遅くまで起きていると成長ホルモンの分泌が悪くなるので、髪が育ちにくくなり、抜けやすくなります。
睡眠にはストレスを緩和する働きもあります。睡眠不足はストレスを溜めこみ、ストレスが原因の薄毛になります。

007

発毛

 

私は現在25歳の男性ですが、半年前くらいから薄毛に悩んでいました。頭頂部の髪の毛だけが極端に少ないのです。きっかけは私が通っている美容院の担当の人が小声で「ちょっと上の方が少なくなってきてるかも」と言ってきたのです。

まさかそんなことはないと思い帰宅し、2枚の鏡を使って自分の頭頂部を見てみました。愕然としました。はっきりいって「ハゲ」と言われてもおかしくないくらい少なかったのです。相当なショックを受けました。多分仕事先でも友人たちの中でも陰口を言われているだろうと思うと相当ヘコみました。

何か対策を練らなければと思い。CMで有名なスカルプDを使うことにしました。シャンプー(薬用スカルプシャンプー、オイリー)と発毛を促進するトニック(スカルプジェット)をアンファーのネット上で購入しました。

毎日薬用シャンプーとトニックを使う日々が続きました。その間はとても人の目を気にしていました。できるだけハットを被るようにして、仕事中は頭を下げる際にできるだけ頭皮をみせないように心がけました。

使用し始めて3か月が経ったころから、なんとなくボリュームが増えて頭皮が見えずらくなってきました。効果が出てきたようです。そして半年経った現在、私の頭頂部はボリュームのある、普通の20代の髪を取り戻したのです。ですが油断はせずに、現在も毎日薬用シャンプーとトニックを使っています。半年間辛かったですが、今は堂々と街をあるけますし、仕事中何も気にせずに頭を下げることができます。

薄毛で悩んでる皆さま、スカルプDを使うことをお勧めします。そして短期間ではなく、長期間使用してみて下さい。すぐに効果が出るものなどありません。まさに「継続は力なり」で、日々使い続けることがキーポイントです。

010

薄毛がコンプレックス

薄毛になる人は女性よりも男性の方が多いのは今も昔も変わりなさそうですが、男性で薄毛を気にしている人はちょっと考え方を変えてみると今よりも気持ちが楽になるかもしれません。

004

例えば外人の男性で薄毛の人は多いですが、なんとなくかっこいいというか、薄毛であることがコンプレックスだと感じさせない何かを持っているように見えて実に清々しいんです。潔いともいえますし、薄毛になることを恥じていないというか、年を取れば自然に髪が薄くなってくるものなんだということをはじめから分かっているような感じに見えるのです。

そんな清々しい外人の男性を見ていると「どうして日本人の男性は皆さん髪が薄いと全てが台無しだという風に考えるのかな…」と少し疑問に感じるところもありますが、その国のお国柄と言われるように、髪の薄さについても国によっていろいろ考え方が違うと理解するようにしました。

私は個人的に薄毛の男性は嫌いではありません。薄毛の男性は頑張り屋さんだとか、男らしいとか働き者というイメージがあるからです。社会で揉まれて大変な仕事をこなしながら家族を養っていたり頑張っている素敵な男性が、薄毛だからと言う理由でカッコ悪いなんて思ったことはありません。

育毛をがんばる

009

人間というものは悩みは尽きないものですが、私の今の一番の悩みというと、ズバリ薄毛なんです。私もついに薄毛になってきてしまったのです。

私が薄毛に気がついたのは温泉に行ったときのことです。普段家のお風呂に入るときは、洗っている最中鏡など見ないのですが、温泉に行って、洗い場で体を洗っている最中、ふと自分の頭を見てみると、スカスカの薄毛の頭になっていたのです。最初はそんな自分の状況を信じることができなかったのですが、覚悟を決めて合わせ鏡で三百六十度自分の頭を見てみると、頭頂部などが薄くなっており、髪の毛自体も前より細くなっていました。

自分が薄毛だと認めてしまった時は本当にショックでした。自分は今まで気がついていなかったけど、周りは私の薄毛にとっくに気がついていて、笑っていたんじゃないかとさえ思ってしまいました。しかし、ただ落ち込んでばかりいても薄毛はよくならないので、私は前向きに考えることにしました。そう、育毛をしようと思っているのです。

育毛方法とはいっても、育毛剤を使う方法や育毛シャンプーを使ったり、病院に行ったりと、様々な方法はあると思いますが、とりあえす私は手頃なところから、育毛シャンプーとサプリメントの摂取でこの薄毛を治療していきたいと思っています。

私は確かに今は薄毛ですが、根気よく育毛をがんばって、以前の髪の毛を取り戻すつもりです。

血流の悪さ

薄毛の原因には様々ありますが、血流の悪さもその中の一つです。頭髪は頭皮下にある毛根で毛母細胞を作りだし、それが頭髪になっていきます。毛根も細胞の一つなのでもちろん栄養が必要になります。その栄養は頭皮に張り巡らされた毛細血管から運ばれてきますが、何らかの原因で血流が悪くなると充分な栄養が毛根に運ばれずに毛根が栄養不足になり上手く毛母細胞が育たず薄毛になるのです。
血流が悪くなる原因もいろいろとあります。喫煙、肉食の過多、砂糖の摂り過ぎ、などがよく知られていますが、運動不足による血流の悪化は深刻です。人が食事をすると多少なりとも血管壁は汚れます。しかしそれは血液の流れによって洗浄されるのですが、運動量が少なすぎると血流が弱すぎて血管壁の汚れをとるには不十分なのです。
少し激しい運動をすると心臓は激しく鼓動し、強烈なポンプ運動で血流を上げます。この時に血管壁にこびりついた汚れも同時に洗い流されてしまうのです。汚れが落ちた血管は血流は良くなり、常に大量に血液を通し、栄養素もそこを通る為に毛根にも新鮮な栄養素が行き渡り、正常に成長するようになります。
血流を良くする成分は自然界にも化学物質にもありますが、育毛剤のは必ずと言ってよいほど血流改善のための成分が含まれているのはこの為なのです。しかし運動による血流改善効果は非常に高いことから、育毛剤や発毛剤を使う場合であっても、運動と平行して使用することにより育毛剤の本来持っている薬効も向上するのです。

006

シャンプーのデメリット

薄毛が気になりだしたら、頭皮の汚れを落とすためにシャンプーに気合を入れる人は多いはずです。それは悪い心がけではありませんが、シャンプーは程ほどにした方が良いこともあります。例えば、シャンプーってあまり強く洗うと逆効果になるからです。

それは、髪の毛の地肌って大変デリケートだからです。そのため、シャンプーの際にあまり強く洗ってしまうと、生えはじめの毛が抜けてしまったり、髪の毛が引っ張られて抜けることが考えられるからです。

そのため、シャンプーをする際は優しく地肌を洗う感じで洗ってください。また、シャンプーをする前に、お湯で髪の毛を洗えば汚れが多く取れるので、シャンプーをゴシゴシしなくてもよくなります。

それ以外でも、最近はシャンプー専用のブラシなども発売されているので、そういったものを利用するのも悪くは有りませんね。このように、薄毛が気になるとしっかりと髪の毛を洗おうと思いますが、それは逆効果になるので気をつけて見てください。

やはり、髪の毛を多く抜けさせずに、汚れを落とすことが大事なので優しく丁寧に洗うのが一番ですね。こんな感じで、シャンプーはあまり気合を入れすぎると、逆効果なので気をつけてください。

008

シャンプー選び

薄毛対策としてシャンプー選びは大事なことらしいです。私が思う薄毛に良いシャンプーは頭皮に優しくて頭皮に刺激が少ないシャンプーですが、一説には石けんシャンプーとかアミノ酸系シャンプーが頭皮のために良いらしいです。

このような頭皮思いのシャンプーを日ごろ使っていると、育毛剤を使った時に育毛剤の効果が頭皮に十分吸い込まれるというか、頭皮に育毛剤の効果が行き渡ることができるようで、だからこそ質の良いシャンプーを使って洗髪しておく必要があるようです。

昔ながらの石けんからできているシャンプーはその種類こそ少なくなってきていますが、ドラッグストアでたまに見つけるとなかなか現代風のパッケージになっていて買い求めやすいと思います。頭皮の環境のことを考えたら、なるべく質が良いシャンプーを使って少しでも薄毛を改善できたら…と思いますが、基本的な部分に焦点を当てることは無駄にならないと思っています。

毎日洗髪することが頭皮にとっていいことかどうかまではわかりませんが、とにかく頭皮が不潔な状態では元気な毛が生えてきそうもありませんから、頭皮が清潔になるシャンプーを選んで薄毛の原因を一つ一つ取り除くのが薄毛対策になると思いました。

005